プロジェクターの接続確認

今週末に迫った公開講演会、だいたいまとまって、昨日は会場へ連絡して、プロジェクターの接続確認に出かけました。

すぐにできるはずだったのですけれど、私のpcの映像出力設定がうまく出来ていなかったのが原因で、それに気づくのがちょっと遅れて、すぐにできる予定だったのが30分ほどかかってしまいましたけど。

ま、ババァのすることだからしょうがないか~~ ^^);

でも、とりあえず無事に設定を終わって、ほっとしました。当日、講演が始まってからまごまごするんじゃ大変ですものね。余計にあがっちまう。

その後、久しぶりにブーケに寄ってケーキとコーヒーとおしゃべりで一休み。コーヒーの美味しかったこと! やっぱりコーヒーは専門店に限る!!

 どうしてウチで淹れるコーヒーとこれほど違うんだろう? 豆の違い、炒り方の違い、入れ方の違い、ま、プロの仕事ってのはやっぱりあきらかに値打ちが違うんだわ。

 

そろそろ終盤なんですけど

公開講座の準備、そろそろ終盤なんですけれど、明治時代にさしかかって悪戦苦闘しています。このころの工芸は、開国間もない日本という国の政治的な動きと密接に関わっているわけで、そのあたりをどう記述するべきか?

メモ書きだけは何枚も出来ているんですけれど、どうも纏まらない…

昨日はほとほと面倒くさくなっちゃって、原稿書きは一旦停止。その間に、スライドショーでお見せする図版50枚の目録を作り、スライドショーがちゃんとプロテクターで映せるのかどうか、これはプロテクターなんて持っていないから、とりあえずリビングのテレビにHDMIケーブルで接続してみて、おー、ちゃんと映ってるじゃないの~ なんて。

やったことのないことに挑戦してみるのって、なんだかちょっと楽しい。原稿書きだって、鉛筆握って長文を書くなんて作業はもう何十年もやっていないわけで、夢中になって書いたり消したりを続けて、一昨日なんて右の手首が腱鞘炎気味だったわ。一晩寝たら治ったけれど。

長いこと使わずにいてかなり錆びついた我が脳みそも、ちょっと「すす払い」ができたのかもしれません。^^);

ま、それにしてもそろそろ明治時代、纏めないとね。正月休みも終わりなんだし、ほかの仕事も始めなくちゃ~~

仕事始めにお勉強~

元旦、二日とありったけのんびりして、本日は仕事始めのお勉強でした。つまり、今月20日に控えた公開講演会の原稿づくりです。

演題は「工芸としての七宝、その歴史」

つまり、日本の七宝の変遷を、ということです。嘘八百を連ねるわけにはいきませんからねぇ、もう一度きちんと確認しておかないと…

朝9時から鉛筆なめなめ、夕方4時まで。やっと江戸時代が終わったところです。勘違いしていたところもあったり、考古学的に新たに修正されていた部分もあったりで、私としてもいいお勉強でした。

中途半端になっているHPの「日本の七宝史」も暇を見て修正したり書き足したりしなくっちゃ…

昨夜はEテレ高麗屋3代の襲名披露というヤツを見て、新・幸四郎勧進帳。線が細い感じがしていたのですけれど、まずまず、って感じでした。頑張ったなぁって。

昭和21年に録画されたという、7代目幸四郎、つまり新・幸四郎の曽祖父に当たられる方の勧進帳のDVD、持ってるんですよね。

富樫が15代羽左衛門義経が6代目菊五郎。さっき、久しぶりに見直しました。モノクロで、しかも画面は時々雨ふり状態なんだけど、それを補って余りあるくらいの大迫力の演技。これと比べちゃかわいそうだよね。だって、生涯に1600回も勧進帳を演じたって方なんですから。やっぱり迫力が大違いだわ。この時の7代目、76歳ですって。もうびっくり~

ま、新・幸四郎も1600回を超えるほど演じれば、この迫力に対抗できるようになるのかもしれないし、それを祈りましょうか。

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。お賑やかなお正月をお迎えのこととお喜び申し上げます!

静岡は晴天に恵まれ、雲一つなく、温かくて良い元旦でした。

私と言えば、本日は全くの寝正月。もっとも、いつものお散歩ついでに「言いなり地蔵さん」と「虚空蔵菩薩さん」へは早々の初詣。ちょいと蜜柑なんぞをお供えして昨年の無事を感謝して。ま、今年はどんな年になるやら。

昨年中は、終活というほどではないのだけれどかなり盛大にいろんなものを処分しました。特にアトリエには訳の分からない釉薬やら使いもしない道具や材料がいっぱいでしたから。ちょっとすっきりした気分でのお正月でした。多分、その片付け疲れなのでしょう。昼寝したりして、あっという間にもう日暮れです。

北東の空に満月かしらと思うほど真ん丸な月がかかっています。

お月様にも、今年の平穏をお祈りして、皆様にも良い一年が訪れますように!!

 

 

 

凍ってました~

このところ、大掃除に邁進しています。とにかく私が日ごろだらしがない人ですから、使いもしないものがいっぱい。で、今日は燃えるごみの収集日ですから、ゴミ袋に4つ、その他にポリのケースやら何やら、どうせ取っておいてもしょうがないものを車に積み込んで、ゴミ捨て。このあたりのごみの集積所は鉄舟寺の前の通りまで行かなくてはなりません。しかもその道は朝7時を過ぎると通勤の車の通りが激しいので、その時間帯を避けて6時に出ることにして、ゴミは昨夜のうちに車に詰め込んであったから、さて出かけようかと車に乗り込むと、なんとフロントグラスが凍り付いていました。

あら~余程冷えたんだわ。しばらくエンジンをかけっぱなしにしようかとも思ったのですけれど、エンジン音がご近所迷惑かもとも思われて、お湯で絞った雑巾でフロントグラスとリアウインドウを拭いて何とか凍り付いたものを溶かして。やれやれ、朝から一仕事でした。

今年もあと余すところ10日。頑張らなくっちゃ…

 

さぶっ!!

寒い日続いています。もっとも静岡では雪が降るわけではないのですけれど。

今朝は氷点下の予報でしたので、玄関先の月下美人の鉢は玄関の中に移しました。

朝7時半ころに家を出て、いつものお散歩。山道に分け入ると、昨日まではそれほどではなかったのですけれど、道の両脇の山に生えている雑木からひっきりなしに落ち葉が降り注いできました。何の変哲もない、茶色に変色した落ち葉なんですけれど、木の間からこぼれ落ちる朝日を受けて、何とも美しい光景でした。ちょっと感動してしばらく立ち止まって眺めたり。山間の小さな畑では、昨日まで何ともなかったのに、里芋の葉っぱが凍ったのかしら、首を垂れていましたっけ。やっぱり氷点下だったんだ…

このところ、終活ってわけでもないけれど、仕事部屋の整理を始めています。もう使いもしないものがいっぱい~~

と言ってもこの寒さ。午前中の日が差す時間帯に1時間程度ですからさっぱりはかどりませんけれどね。^^);

なんのかんのと言いつつも、早師走も半ばです。なんとなく気ぜわしい、気ぜわしいと思いつつ、です。

 

この頃は…

さて、師走。今年も余すところあと一か月です。先月末にとりあえず仕事を終わって、このところ温かい晴天が続いていますから外仕事、草取りに精を出しております。と言っても午前中に1時間くらいですけれど。それでもゴミ出しの日にはだいたい2~3袋くらい出すことに。やっと終わりかけ、今は取り残しの細かい草を根切り鍬を使って掘っています。雑草に紛れて、静岡は暖かいですからタツナミソウの紫の花が咲いていたり。もちろんそれはむしったりしません。水仙も小さなつぼみが出始めて。

庭の千両、びっしりと赤い実がついていて、これはお正月のお花に使いますが、このままほっておくと暮には野鳥のおかげで丸坊主になってしまいますから、鳥よけのネットをかぶせたり。なんのかんので午前中いっぱいはかかってしまいます。

まぁ、年ですねぇ。それだけで疲れちゃって午後からはお昼寝。だらしのない話ではあります。

来年1月20日には、静岡のホテルシティオで、わが母校の同窓会アートクラブ主催の公開講演会での講演を頼まれています。演題は「工芸としての七宝、その歴史」ということで、ノートパソコンを持ち込んでプロジェクターで画像を映しながらお話をすることにしてあるんですけれど、(何しろ公演時間は1時間ですから、画像でも映しながらでないと、話だけで1時間というのはちょっと無理…)そのために、いろいろと資料画像を取り込んでおかなくちゃなりません。ネットに転がっていてくれると楽なんだけれど、やはり七宝はマイナーなので、展覧会の図録からスキャンして取り込んでいます。結構時間がかかる… ま、しょうがない。夜にはそんなことをしながら、です。